ユーザインタフェース・アーキテクチャ

ユーザインタフェース(UI)の流行は変わりやすいため、一時の主流が数年後には廃れているということもざらにあります。

よって、 弊社の基本的スタンスは、

  • ユーザ・インタフェースはその時々の時流に合わせたツール/フレームワークで作る

Windowsであればマイクロソフトという巨人がVisual Studioというツールを次々と改良し続けておりますので、弊社独自でユーザインタフェースを作るよりもVisual Studioで作った方が優れていると考えます。
Webであれば標準的なツールが整っておりますので、例えばDreamweaver等のツールを使用して作成します。

一方、データベースは変わりにくいので、DBaaS(Database as a Service)のようなクラウドを弊社で独自開発して使用します。
ユーザインタフェースが変わってもデータベースは長い期間、共通で使い続けます。

会社によってはユーザが簡単にGUIを作成できるようなツールを提供しておりますが、優れたプログラマがコーディングすればすぐにできる程度のものをツール化しても、その流行が変わった時にはまたツール/フレームワークを作り直す必要が出てきてしまいますのでコストパフォーマンスが悪いと考えております。 フレームワークを堅固して古いスタイルのUIをユーザに強いるのはユーザのためにならず、それよりは、時流の作りで対応させて頂く方が良いと考えます。

実際のところ、開発の手間の半分以上はデータ処理の部分ですので、その部分を弊社DBaaSクラウドで行うことにより省力化し、ユーザが一番こだわるユーザ・インタフェースはそれぞれの画面に適してカスタムしてゆければと考えております。

 

ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 新規登録


お問い合わせ

© 2016-2018 Matsuesoft Corporation