ステップ3:データベース定義をインポート

データベース開発ツール」で「Import from DB」をクリックします

これにより、データベース定義をツールにインポートします。

その後、「Sync with DB Table」をクリックしてデータアクセス用クラスを同期させます。

次に「Sync with Data Class」をクリックしてデータベースアクセス用クラスを同期させます。

これらのステップにより、データベース定義を元にして以下が定義されます。

  • データ格納用クラス
    • クラス自身
    • フィールド
  • データアクセス用クラス
    • クラス自身

Step4: 関数定義

ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 新規登録


お問い合わせ

© 2016-2019 Matsuesoft Corporation