Javaでエンドポイントにアクセス

例「バーコードで物品管理」で作成した「バーコード指定でデータ取得」をするエンドポイントに対してJavaからアクセスします。

エンドポイントのページにサンプルコードがありますのでそれを使用します。

java.net.URL url = new java.net.URL("https://dbaassandbox.matsuesoft.co.jp/?????/proxyserver-AssetInfo-GetSpecificAssetByBarcode.php");   <ここからテンプレートを使用>
javax.net.ssl.HttpsURLConnection con = (javax.net.ssl.HttpsURLConnection) url.openConnection();
con.setRequestMethod("POST");
con.setInstanceFollowRedirects(false);
con.setDoOutput(true);
con.setRequestProperty("Content-Type", "application/json");
java.io.PrintWriter pw = new java.io.PrintWriter(new java.io.BufferedWriter(new java.io.OutputStreamWriter(con.getOutputStream(), "utf-8")));
pw.print("{"
		+ "\"TOKEN\": \"?????\","
		+ "\"param_AssetInfo_Barcode_where\": \"9784845623556\""             ← 取得したいバーコードの値を設定
		+ "}");
pw.close();

java.io.BufferedReader reader = new java.io.BufferedReader(new java.io.InputStreamReader(con.getInputStream(), "UTF-8"));
String buffer = reader.readLine();

System.out.println(buffer);      <ここまでテンプレートを使用>

実行しますと以下のように表示されます。

{"Result":{"Barcode":"9784845623556","ItemName":"DEF Travel Book","Description":"This is DEF..."},"_status":"OK","Message":"Successfully called"}

※Javaの場合JSONのエンコード/デコードは追加のコードが必要なのでサンプルコードでは扱いません。
※「カスタム開発オプション」を付けた場合、Java向けのクライアント・アクセス用クラスおよびJSONデータ格納用のクラスを自動生成できます。 単純アクセスおよび Android用のAsync Task Loaderパターンに対応しております。

戻る

ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 新規登録


お問い合わせ

© 2016-2019 Matsuesoft Corporation