単純な単一テーブルのデータ削除

まず、データベースにテーブルを定義します。 (方法はクイックスタートのステップ2を参照下さい)

以下のようなテーブル ItemInfo を定義します。 (例「単純な単一テーブルからのデータ読み込み」と同様です。)

以下のデータをデータベース管理ツールであらかじめ挿入しておきます。

今回、ItemCodeが def の列を削除するサンプルを作成します。

このテーブル情報をインポートします。(方法はクイックスタートのステップ3を参照下さい)

続いて、関数定義を行います。(方法はクイックスタートのステップ4を参照下さい)

関数一覧に戻り、削除するデータを指定するための条件を追加します。関数一覧にて「Input Aid」をクリックします。

以下のような画面が表示されますので、ItemCodeの行でAddリンクをクリックします。

Where条件を追加する画面が表示されますのでAddボタンをクリックします。

関数一覧ページから「View Where」をクリックして定義を確認します。

以下の通り、仕様書のように条件が確認できます。

次に、ビルドします。(方法はクイックスタートのステップ5を参照下さい)

ビルド後、関数一覧ページに戻るとEndpointが作成されていますので「View Endpoint」をクリックします。

以下のようなエンドポイントが表示されます。

テスト用フォームの value 部分を以下のように書き換え、「Do Test」ボタンをクリックします。

結果が表示されます。ステータスはOKですので成功しています。

データベース管理ツールを開き、データが削除されていることを確認します。


戻る

ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 新規登録


お問い合わせ

© 2016-2019 Matsuesoft Corporation